​当船での中深海スロージギングについて

​当HPをご覧いただきありがとうございます。  

初めて中深海スローピッチジギングに挑戦しようと思ってる方に、参考程度ですが船頭のタックル、ジグなどをご紹介します。

​また、現在中深海スローピッチジギングをやっている方、拘りがある方もいるかと思いますので、そういう方はスルーしてください(笑)

​あくまでも私一釣り人としての意見&考え&経験に基づいての話しです!

そして、私はメーカーの回し者ではありません!

 

ROD:beat PROPAGATE BLX 1+~5+ ポセイドン ロングフォールジャーカー、ゼスタ スローエモーション

REAL:SHIMANO OCEAJIGGER 1501HG、2001HG、コンクエストCT、SALTIGA 15HL-SJ等

LINE:SUNLINE PEJIGGER ULT4本組 スローピッチジャーク専用 1号~1.2号

ほぼBLXしか使いませんが…。

正直、県内で使ってる人が少ないって理由での購入でした。

実際、店頭で触って曲げたとしても、ジグぶら下げてシャクらないと、わからない部分が大半。

決して安くはない値段です。

メーカーのインプレも、海域、流し方によってアテになりません。

そして、使えば使うほど、この竿の魅力に気付き、釣れた。から、釣った。に変わったのも、BLXを使い始めてからです。

その理由として、コルク、無塗装、40tカーボン使用による、感度の良さ。

バットパワーがあるわけでは無いのに、不意の大型魚襲来時の安定した粘り。

ロッド全体でジグを動かす操作性と気持ちよさ…(笑)

デメリットとして、ドテラ流しでは使えません。

使えないというより、ロッドの持ち味を出し切れない。

あくまで、ジグが真下付近にある時が本領発揮出来る。

そして、ちょっと癖がある…

ある程度ラインが出される状況、潮では、スロージャーカーに軍配が上がります。

潮が重い時も然り。

​スロージャーカーはそんな状況下でも、しっかりジグを動かしてくれるロッド。

共に実績あるロッドですが、良く耳にするのが、折れる。

そんな事ありませんけどね…

扱い方間違えれば、どんな竿でも折れますよ。

そして、折る人は何使っても折ります。

リールに付いては、使うロッドで変えます。

1+ 1.5+を使う状況では、潮スカスカな時が大半。

底をネチネチやりたい時、活性が低く、ジグを長く見せたい時は、コンクエスト301、コンクエストリミテッドを装着します。

1501HGでもネチネチ出来るじゃん!ピッチ細かくすればいいじゃん!って思う方も当然いると思います。が、違います。

巻量が違います。

どんなにピッチを細かくしても、上記機種の細かいピッチには勝てません。

あまりリールを小さくすると、回収などの時に疲れます。

本末転倒ですね。

ピッチ刻む事無くシャクるのも、1つの技?としてありますが、そもそもスローピッチジギングでは無いです。

ラインは賛否両論ありますが、私はアカムツジギング、アラジギングでは、サンラインULTに絶大な信頼を置いてます。

糸鳴りが少々やかましいですけど…

ハリが強く、低伸縮のため、的確なジグ操作には欠かせません。

毛羽立ちもほとんどしないし、色落ちも気になりません。

6年程交換してませんが、高切れはありません。

当船がご案内する海域では、BLX1+ 1.5+ 2+ 2.5+ 3+が使いやすいです。

主に使用するのは1.5+ 2.5+です。

ポセイドンは1oz 1.5oz 2oz

ジグは、Seafloor controlのarrow,arc,messiah semi-long,レクター

BEAT  SQUAMA SL,Dualstar,DIFFUSE R,Kai,POTBELLY,Both-F

重さは、170g~260gをメインで持ってれば何とかなります。

プライベート釣行でも、ロッド、ジグを気持ちよく使いたいため、スパンカーで立てて釣りしてます。

その為、170g~210gがほとんどです。

アシストフックは自作しています。

アシストライン シーフロアJAMアシスト8号

フック フロントフック シーフロアJAMフックライト#2

リアJAMフックライト#4

フロント Cultiva JIGGER LIGHT ホールド #2

リア Cultiva JIGGER LIGHT ホールド#4

ソリッドリング カルティバ 

スプリットリング カルティバ

​あくまで船頭が使っているタックル、使用感です。

意見は受け付けません。

各々お好きな物お使いください。

ジグ操作、ジグ選択、ロッド選択は、わかる範囲でお答えします。

はっきりと言えるのは、使った事ない物はわかりません。

ジグもロッドも十人十色。

色々試して下さい(笑)

自分だけの使い方を模索するのも楽しいですよ。

ちなみに私は、コンセプト通りに使わない事もあります。

そして、良く聞かれるのですが…

ラインの太さ。

ラインは極力細いに越した事はありません。

2号を使っていた時と、1号にした現在では天地の差!(言い過ぎか(笑)

フッキング率が違います。

太ければ伸縮率も必然的に高くなります。

水深が水深なだけに一番大事だと思っています。

実際、2号の時はよくバレてました。

巻き合わせ&ロッドでの合わせを入れてもバレていました。

まぁ、バレる時は何してもバレますけど(笑)

伸縮率高いとアワせても、ラインが伸びてるから、ジグは動いて無い可能性大です。  

 

ラインは生命線です。

信用出来る、低伸縮な物を!

ファイヤーラインを使ってる人もかなりいますが、私は使った事ありませんので、わかりません。 

リーダーは4号を一ヒロです。下手すると半ヒロ。

1.5号は5号。

ズラズラと講釈垂れて来ましたが…

一番重要なのは、釣れなくても諦めない心。

土俵にさえ立てれば

高いロッドじゃなくても釣れます。

高いリールじゃなくても釣れます。

高いジグじゃなくても釣れます。

底も取れます。

でも、気持ちだけはどうにもならないので、頑張ってください。

私は、釣れなくても落とせれば幸せな人間なので…

記載した事は全て私の独断と偏見と経験です。

大した経験もありませんけど。

少しでも参考になれば幸いです。